介護職員処遇改善加算、介護職員特定処遇改善加算に基づく取組み

1.支給内容
介護職員処遇改善加算は介護職員へ処遇改善手当として、従事する職務内容、勤務成績等を考慮して決定しています。
介護職員特定処遇改善加算は特定処遇改善手当として、対象職員(介護職員以外も含む)へ従事する職務内容、勤務成績等を
考慮して決定しています。

2.支給方法
毎月手当として一定額を支給しています。更に年1回賞与とあわせて支給する場合もあります。

3.賃金以外の処遇改善に関する具体的な取り組み
・働きながら介護福祉士を目指す職員に対する実務者研修受講支援や、より専門性の高い介護技術を取得しようとする職員に対する喀痰吸引、認知症ケア、サービス責任者研修、中堅職員に対するマネジメント研修の受講支援

・研修の受講やキャリア段位制度と人事考課との連動

・新人介護職員の早期離職防止のためのエルダー・メンター(新人指導担当者)制度等導入

・ICT活用による介護職員の事務負担軽減

・介護職員の腰痛対策を含む負担軽減のための介護ロボットやリフト等の介護機器等導入

・介護サービス情報公表制度の活用による経営・人材育成理念の見える化

・地域の児童・生徒や住民との交流による地域包括ケアの一員としてのモチベーションの向上

・非正規職員から正規職員への転換